医院紹介

私たちおさだ耳鼻咽喉科では患者様に
寄り添ったクリニックを目指し地域の皆様に貢献していきます。

おさだ耳鼻咽喉科では入りやすい外観を心がけました。
おさだ耳鼻咽喉科に入ってみると落ち着いた雰囲気です。

おさだ耳鼻咽喉科の外観はスタイリッシュな感じを意識したデザインでありながら、自転車・ベビーカーなどをご利用の患者様が来院しやすいように専用のスペースを設けるなどの工夫をしています。
また、初めての方でも入っていただきやすいように全面ガラス張りのデザインを採用しています。内観にも工夫がされていて、スタッフから全ての患者様が一度で見渡せるように仕切りをなくしました。これにより今患者様が何をしていてどんな状況かを即時判断することが出来るので、急変や困っている方への迅速な対応が可能となっています。

吸入器

吸入器(ネブライザー)
薬液を霧状にして鼻やのどから吸入します。

呼吸機能検査機器

呼吸機能検査(スパイロメータ)
気管支喘息や肺気腫など、肺の病気が疑われるときに、肺の働き(換気機能)を調べます。

聴力検査機器

聴力検査(オージオメータ)
ヘッドホンから音が聞こえたらスイッチを押す検査です。

鼓膜聴力検査

鼓膜聴力検査(ティンパノメトリー)
音と圧力に対する鼓膜の動きを調べます。

重心動揺計

重心動揺計(グラビコーダ)
めまい・ふらつきに対して、立位姿勢でのバランスを評価します。

赤外線CCDカメラ

眼振検査(赤外線CCDカメラ)
「めまい」の原因を探るために眼振(眼球運動)を観察します。

X線検査機器

X線検査
耳や鼻の奥の炎症の状態を調べます。

内視鏡

内視鏡
鼻から挿入し、鼻咽腔・喉頭の状態を直接観察します。